島 滋男
Sigeo Sima

1958年生まれ

様々な形の葉を拾い集め、紙の上に置いて型紙として使い、その輪郭をとる。切り抜いた葉型の紙に色を染めるように付け 最後に蝋を塗る。長い歳月を経て繰り返しされてきたこの工程は普遍的であり 不易すら感じる。採取されたような作られた葉を 色紙の上にそっと舞うように置いていく。飾りのない姿がそこに佇む。

 

作品をもっと見る